あかぎれの治し方と対策

冬など乾燥する時期になると、手の指、足などにあらわれてくるのがしもやけやひびわれです。かゆいし、痛いしといろんな症状が出てきます。あかぎれの治し方は、あかぎれ用のクリームが一番効果的ですよね。またビタミンなどを摂って体内からの治し方もあります。
あかぎれの原因としては、しもやけが考えられます。しもやけは、乾燥してくる時期になって冷たい風などにあたると、手の指などの血行が悪くなって起こる炎症です。
症状としては、かゆみをともなって、赤く腫れたり、虫(蚊にさされた感じ)に刺されたようになります。また、しもやけは、耳などにもあらわれてくることで有名ですよね。
そのしもやけがひどくなって皮がむけたり、ひびわれがでたりするのがあかぎれです。
特に冬などは空気が乾燥しますし、気温も下がりますので、濡れたままの手で過ごすといつもより熱が奪われやすくなりますし、血行が悪くなります。自分でできる治し方としては、お風呂などに入っているときはマッサージなどをして血行を促すよう心掛ける事が大切です。
ただ、あたたかいお湯につけたりすると、かゆみが増したりもしますができるだけ我慢して掻かないようにしましょう。
お風呂からあがったときなどは、きちんと体を拭くことが大切ですよ。また、冷え性や低血圧の方などもしもやけにかかりやすくなりますので寒い日に外にでるときなどは、防寒対策を忘れないようにしましょう。特に、耳や手、足など血行が悪くなりやすい部分には注意が必要です。
あかぎれの症状は、指の関節部分にひびが入って痛かったりして、日常生活をする上でちょっと困ります。水などが傷口に入るとしみたりもしますよね。自分でできるあかぎれの治し方として血行を良くするとされるビタミンEなどを摂ること、水洗いなどする場合には手袋をして指を守ったりすることなどが挙げられます。
何よりもあかぎれが起きている場所に保湿、油分などを保つクリームなどを塗って、症状の悪化を防ぐことが大切です。ガーゼなどで守り、できるだけ水洗いなどの仕事を減らすというのが一般的な治し方ではありますが、どうしても仕事上水を使わざるをえない方などもいらっしゃると思います。そういった場合でも、できるだけあかぎれの部分に水が入らないようすることが大切です。

日常生活の中にあるあかぎれ対策

ひびわれやあかぎれなどがあらわれる前に、日常生活を見直してみるのもいいかもしれません。というのは、不規則な生活などをしていると栄養も偏ってきて肌荒れ、ひびわれなどのあらわれる原因にもなるからです。また、しもやけの症状と似ている病気で膠原病なども挙げられますので原因を自分で決めずに、症状が長引いたりしているときなどは専門家に診察をお願いする事を忘れないようにしましょう。