ジーパンの洗い方とサイズの選び方

ジーパンの洗い方や、最新ジーンズ情報、またジーンズの種類によるコーディネイトの仕方などのファッション情報をお伝えしていますよ。
よくジーパンを色落ちさせるためにわざと2ヶ月、3ヶ月と洗わない方がいますが、実はそれはジーンズを痛めやすくしてしまい、あまり長持ちがしないんですよ。というのは、洗わずジーパンを履いていると、汗や脂などが生地にしみ込んで縫製している部分が弱ってきます。ですので、ジーパンは適度の割合で洗う事がいいとされていますし、長く履いていくためにも大切なことなんです。
ジーパンを洗うと縮みが出るといいますが、それはノンウォッシュの場合ですね。ジーンズメーカーによってこの縮み具合は違ってくるので、店員さんとよく相談することが大切です。逆に、ワンウォッシュの場合、それ以上洗っても縮みは出ないタイプなので、もし、洗った後の縮みが心配な方はそちらを選ぶといいでしょう。また防縮加工されたデニムも販売されているのでお店などで聞いてみるのもいいでしょう。ジーパンの洗い方としては、普通に洗濯機で洗う方法もありますし、またぬるま湯だけにデニムを浸しておき、手で弱くこするような感じで洗う方法もあります。また、洗うときはジーンズを裏返しにしてから洗ったほうがいいとされています。他の洗い方としてはドライクリーニングに出す方法もあります。ジーパンメーカーによってどんな洗い方をすすめているか一度サイトなどに訪れてみるのもいいかもしれませんね。サイズの選び方としては、メーカーによってサイズも異なりますので、縮みや、デニムの形を考慮しながら店員さんと相談しながら自分に合ったサイズを選ぶことが大切でしょう。

ジーパンの種類と最近のファッション傾向

ジーパンの種類には、まずストレートがあります。これは太い形から細い形まであり、最も一般的な形です。どんなコーディネイトにも合いますね。最近はやはり細めのストレートに人気があります。次に、スリムです。こちら、足首にかけ細くなっていくジーパンです。80年代などに人気のあった形ですね。後は、ブーツカット、ベルボトムとあります。どちらも裾にかけ、広がっていくデザインでブーツカットのほうが広がりは少なく、人気もありますね。ブーツを履くときなど足のラインが綺麗に見えるのが特徴です。最近ですと、スキニージーンズというかなり細めの形をしたジーパンが人気がありますよね。他にもデニムの種類はたくさんあるのでご自分で調べてみるのもいいかもしれませんね。好みに合ったデニムが見つかるかもしれませんよ。