ドライマウスの原因と対策

ドライマウスの対策、治療、原因、症状などの情報、また、ドライマウスの症状として挙げられる口臭などの情報も紹介していますよ。
ドライマウスは、口腔乾燥症とも呼ばれています。症状としては、口の中が渇いて、夜よく水を飲んだり、ネバネバして不快感が出たり、口臭がでたりします。また、ひどくなると、舌が荒れてきたり、食べ物を食べにくくなったりもしてきます。ドライマウスの原因として挙げられる代表的なものとしては、脱水症状や唾液の分泌の低下によって口が渇いたり、また糖尿病などの初期症状としても口が渇いたりする場合もありますので、治し方としてはドライマウスの原因になっているものを病院で診察してもらい、適切な対策をすることが大切です。
また、日頃の食生活やストレスが原因でドライマウスになる場合もあります。その場合の治し方はできるだけストレスの少ない生活を目指したり、食生活を改善したりすることが大切かもしれませんね。唾液の量が減る事により、口臭なども現れてきますので、もし口臭が気になる方、最近口の中が渇いているなど気になる方はドライマウスが原因かもしれません。
ドライマウスの日頃できる対策としては、口の中を清潔に保つことはもちろんですが、唾液腺のマッサージなどをして刺激を与えたりすることが効果的です。唾液腺は刺激を与えることによって唾液を分泌するので、噛むということも大切です。現在はあまり昔に比べて噛む習慣が少なくなったと言われています。また、病院などで保湿スプレーなどでの治し方もあります。

ドライマウスと唾液の役割

ドライマウスと密接な関わりを持っている唾液ですが、唾液は健康的な生活をする上でとても大切な役割を果たしています。虫歯の元になる菌を抑える役割、歯垢を抑えたりなど常に私達の健康を守ってくれています。ですので、唾液が少なくなったりすると、虫歯、口臭などのが現れやすくなります。また、唾液の量には緊張なども影響します。例えば、大切な会議などでは、緊張して口が妙に渇いたりする時ありますよね。健康のバランスを保つ上でも、最近口が渇いたり、口臭が気になったりしてきたら、一度専門家を訪れるのもいいかもしれません。