ふくさを使ったご祝儀・香典の包み方

友人の結婚式やまたお葬式などでのご祝儀や香典の包み方、いろいろなふくさの種類などの冠婚葬祭でのマナーについて紹介していますよ。
冠婚葬祭ではいろいろとマナーが要求されますよね。結婚式やお葬式、法事などに持っていくご祝儀、香典などを持っていくときやはり、そのまま持っていくのは失礼にあたります。そこでふくさというハンカチよりもおおきい風呂敷でご祝儀、香典を包むのが一般的です。ここでは、そのふくさを使った包み方を紹介していきますね。慶事や弔事では包み方が違うので注意が必要ですよ。
では、まず慶事などでのご祝儀のふくさを使った包み方について説明します。まず、ふくさを広げてひし形においてください。そしてご祝儀袋を中央よりもちょっとだけ左側におきます。その後、ふくさの左側を最初に中央に折ってください。次にふくさの上、下の順に中央に折ってください。最後に余った右側のふくさを折ってご祝儀を包むように折り返してください。そうすると、左側の上下の部分に三角形ができますよね。これが、ご祝儀の包み方です。ひし形→左→上→下→右→三角と憶えておくといいかもしれませんね。
次に、香典の包み方を説明します。香典の包み方はご祝儀と正反対におっていくのがポイントです。同じようにふくさをひし形にし、今度はちょっとだけ右側に香典を置いて、右側から初めて、下、上、最後に左の角を折ってできあがりです。このときも、三角形がふくさの右側上下部分にあるかを確認してくださいね。ひし形→右→下→上→左→三角となります。このように包み方は、慶事、弔事によって違ってきます。とはいっても、順序が逆になるだけですが、気をつけることが大切ですね。

ふくさの種類とマナー

ふくさにはいろいろな種類や色があります。鮮やかな柄、織りがほどこされたものもあり、結婚式などの慶事では大変便利ですよね。また、紫色のふくさですと、冠婚葬祭全てに使うことができるので、もし購入を考えている方は紫色を選ぶのがいいかもしれませんね。またご祝儀の包み方などが分からなかったり、面倒だったりする場合には、ご祝儀や香典をそのまま入れることができるポケット型などのふくさもありますよ。冠婚葬祭などでの知っているようで知らないマナーって結構たくさんあって大変ですよね。何か疑問に思ったらできるだけ事前に調べていくことが大切かもしれません。