機内の服装と手荷物

長時間、海外旅行する場合など、飛行機内での服装、機内食、エコノミー症候群の対策など旅行全般に関する情報を紹介していますよ。
初めて海外旅行をする時など、機内での服装などどうしたらいいものかといろいろと考えたりしませんか?飛行時間は長いし、時間の潰し方などいろいろ心配ですよね。ここでは、簡単に快適な機内の過ごし方を紹介していきます。
まず、機内の服装なんですが、できればゆったりとリラックスできる服装が理想です。トイレなどを利用してこういった服装に着替える方もいないことはないですが、やはり手荷物を少なくする上でも自分が一番リラックスできて、着慣れている服装がいいと思います。海外旅行の場合、飛行機で10時間以上座ってなければいけない場合もあります。また目的地の気温差、時差があるので、できるだけ飛行機の中ではリラックスしておきたいですよね。機内食をとって、睡眠やゆっくり休みたい場合、ジーンズなどズボンのベルトはなるべく緩めておいた方がいいです。それから、席の場所によって寒く感じますので、簡単に羽織れるもの、薄手のニットなどを持っていくと便利です。座席の毛布も使えばそれほど寒くは感じないでしょう。また、ブーツなど履いている場合は、やはり脱いだり、また自分で携帯用のスリッパを持っていく方も多いです。ブーツなどを履いて、長時間座っていると足がむくんだりしてきますので、できるだけ足元はリラックスさせた方がいいですよ。薄手のニット、スリッパぐらいだと、手荷物もそれほど増えませんから大丈夫ですね。

エコノミー症候群とリラックス

エコノミー症候群という言葉を聞きますね。自分でできる対策としては機内で足のマッサージや水分を補給したり、トイレに行った時などちょっとしたストレッチをして体をほぐすこともいいんではないでしょうか。機内でリラックスできずそのまま目的地に着くと、時差、気温差もあってかなり疲れがでますので、できるだけ機内ではテレビなどもついていますので、映画を見たり、持ってきた本を読んだりと、時間を潰して、自分なりのリラックス方法を見つけるといいかもしれませんね。せっかくの海外旅行ですので、機内で体調を崩さないようにすることが大切です。