名刺交換の作法とケースバイケース

ビジネスマナーの中でも、名刺交換の作法は一番多く求められますよね。取引先に訪問した場合や来客が来た場合など、まずは自己紹介、名刺交換をします。また状況も様々ですので、一般的に考えられている正しいとされる作法を実践する事が難しい場合もあります。ここでは、名刺交換の方法、渡す順番や同時に渡す場合などの例を挙げながら紹介していきます。
それでは、まず順番、順序について説明します。一般的な作法として考えられているのは、訪問先を訪れた側から渡す、目上の方に最初に渡すというものです。ただ、こちらが売り手側で買い手の相手が訪問してきた場合などもやはり、売り手側から渡すという順番を心がけた方がいいとされています。また、複数で訪問した場合の順番としては、まずこちら側の上司が先方の上司、部下の順序に、そして終わったらこちら側の上司の次の部下が先方と名刺交換するという作法です。
名刺の渡し方としては、一般的に考えられている方法として両手で持ち、渡すときは手の高さは自分の胸の高さぐらいにしておくのがいいとされています。もらう時も両手でもち、そこでもし相手の名前などが読めない場合などは相手に尋ねても結構です。相手が複数の場合などは机に並べて置いて名前などを間違わないようにしておくのも、作法違反にはなりません。
これらが大体の名刺交換の作法ではありますが、そうはいってもなかなかこの順序通りにできる場合が多くないのも事実ですよね。例えば、こちらから最初に名刺交換をしようと思っている時、相手も自分のケースから名刺を出して結局同時になる場合(この場合は、同時に名刺交換をする場合には、右手で相手に、左手で相手からもらうという仕方です。)、役職などが上の方でも相手から先に渡される場合などなどいろんなシチュエーションがありますよね。ですので、正しいビジネスマナー、正しい作法通りに事をすすめるというよりは、臨機応変にケースバイケースでいくことが大切です。

名刺交換をする上で

名刺交換の作法というものは、ビジネスマナーの中でも基本だと思います。ただ、場合によっては一般的な方法を実践することが難しい場合がたくさんあり、あれっ、これって失礼にあたったのかななど悩むこともあると思います。ただ、大切なのは相手への思いやりの心です。ぎこちないセオリー通りにされる作法より、自然な対応の仕方の方が全然楽で、気持ちがいいものです。ですので、あまりビジネスマナーにとらわれないこも必要ですよね。また、迷った場合などは、まずは自分から名刺交換をする心がけをしていれば特に失礼にあたることなんてありませんよ。