お焼香のやり方と基本的な作法

告別式、お通夜、お葬式でお焼香のやり方や線香の上げ方などに迷ったことはありませんか。人によっては、3回あげる方、1回あげる方など回数がいろいろですよね。冠婚葬祭ではいろいろな作法があります。ここでは、告別式などでのお焼香のやり方について説明していきます。
お葬式やお通夜で行われているお焼香の仕方としては、主に3種類ぐらいあります。それは、立ってするやり方、座ってする場合、それから座ったままでお焼香をする箱を回す方法があります。この中で一般的とされているのは立ったままでするやり方が多いと思われます。
お焼香をあげる回数なんですが、これは人によってバラバラで、何回が正しいとは決められません。というのは、宗派というものがあり、それによって回数が違ってきます。ただ、一般的には1回でも大丈夫です。たくさんの方が来られているお葬式などでは、列も長くなりますし、スムーズに進行するためにも担当の方が1回でお願いいたしますなど、回数を指定する場合もありますので、回数に関しては特にご自分の宗派や気持ちで状況によりするのが作法としてもよろしいと思われます。
お焼香の持ち方としては、親指、人差し指、中指を使ってつまむ感じですれば大丈夫です。ただ、たくさんとらずほんの少しで十分です。お焼香をする前には僧侶、親族、そして遺影にも礼をすることが作法としてあります。座った状態でお焼香をする場合には、中腰で立って棺の座布団のところに行き両手を使って膝を立てそのまま座布団に座るようにするのが正しいやり方とされていて、合掌し終わった後も再び両膝を立てずれるように座布団から出ます。また、告別式などの会場がそれほど大きくない場合にはお焼香が回ってくるやり方もあるので、その場合には膝に乗せて、終わったら次の方に廻して行けば大丈夫です。それからたまに、何度も礼をしている方もいらっしゃいますが、やりすぎはあまりよくありません。また、親族の方もその度礼をお返ししなければいけないので、体力、精神面からもあまり気を遣わせないようするおもいやりも大切でしょう。

お葬式での数珠

また、告別式、お通夜などに数珠を持っていかない方もいらっしゃいますが、できるのであれば数珠も身につけていた方がいいでしょう。やはり数珠にも宗派によって違いますし、持ち方もいろいろあります。ただ、宗派にとらわれなく使える数珠も売られていますので何かご覧になってもいいでしょう。数珠は左手で持つのが作法とされていて、お焼香をあげ合掌するときは両手で持ち手を合わせましょう。決して振り回したりなどしようにしましょう。
また、告別式などでお線香をあげる場合もあると思います。ただ、お線香のあげ方も基本的には同じで、線香に右手で火をつけ、左手で軽く仰ぐように消し立てれば大丈夫です。とにかく、人によっていくつかのやり方がありますが、相手に対する思いというものが何よりも大切です。