ささくれの原因と予防

乾燥する時期になったり、偏食で栄養が偏ったりしてささくれになったりする時がありますよね。また爪の生え際が剥けたり、爪が裂けたりして、何かに引っかけたりした時など結構痛いですし、化膿したりすると面倒ですよね。ここでは、ささくれと栄養の関係などについて説明していきますね。
ささくれの原因として考えられる代表的なものとしては、指先の水分、油分の不足、乾燥などが挙げられます。ですので、油などが足りなくなって、乾燥したりすると当然のことながらささくれなど皮が剥けてきます。例えば、水仕事などをしているとどうしても油分も一緒に流されてしまうので乾燥しがちになっちゃいますよね。また乾燥しやすい季節になるとささくれがあらわれる方もいらっしゃるようです。それから、原因として野菜やビタミンの不足です。偏食をすると栄養などが偏りがちになってしますので日頃から食生活を考慮しておくといいかもしれません。
ささくれの治療と予防については、例えば水仕事などをしている方などは手袋などをして、手を保護することですよね。そして何よりの予防としては指先の保湿を保つことです。乾燥する時期はこまめにハンドクリームなどを塗って指先、爪に潤いを与える事です。ささくれだけではなく、爪の脇の部分が裂けてしまうときもあると思います。この場合もやはり治療、予防としても保湿を保つことが大切ですよ。またマニュキアは実は爪の乾燥の原因となります。ですので、指先が荒れているときなどは控えたほうがいいかもしれませんね。
外からできる治療も大切ですが、何より体の中からの治療、ビタミンや栄養を含んだ野菜などを摂ることが大切ですよね。体にあらわれる症状はやはり体の中で何か足りないよ(栄養、ビタミンなど)というサインでもあるので日頃の日常生活を見直してみるのも大切ですよね。

ささくれ時の注意点

ささくれや爪が割れた時など無理に皮をひっぱったりすると痛いですし、そこに菌などが入ってしまい化膿する場合もあるので、そっとしておくか、ハサミなどででている皮を切った方がいいでしょう。また、ささくれになる原因として、上記に挙げたものだけでなく、他の原因例えば皮膚の炎症なども考えられますので、どうしても症状などがよくならない場合などは専門家に診察してもらうのが良策です。