突発性湿疹の症状と大人との関係

ほとんどの赤ちゃんがかかると言われている突発性湿疹の症状、感染原因、また突発性湿疹と大人の関係、例えば大人にも感染するのかなどの情報について紹介しています。
突発性湿疹は、生後半年から2歳ぐらい(稀ですが5歳ぐらいの子にも現れる事があると言われています。)までの赤ちゃんにあらわれると言われています。初めての赤ちゃんにこの症状がでるとママさん達はびっくりしがちですが、ほとんどの赤ちゃんにあらわれる病気なのでそれほど心配する必要はありませんよ。大人になるための一つの過程ぐらいに思っていただければ大丈夫です。
突発性発疹の症状は、突然高い熱が出て、3日から4日ぐらいその熱が続きます。その後熱が下がった後に、発疹が胸、お腹などにでてきます。一見痒そうですが赤ちゃん自体はそうでもなく痒がる素振りは見られません。その後徐々にこの湿疹は消えてなくなります。また、この発疹の痕は残ったりすることはありません。
突発性湿疹はウイルスに感染して起こります。このウイルスはいくつか型があり、私達大人が普段持っているものです。ですので赤ちゃんと接しているとどうしても感染する可能性はでてきますよね。赤ちゃんによって一回だけ突発性湿疹にかかる子もいれば、何回かかかる子もいるようです。ただ、すべての赤ちゃんが突発性発疹にかかるわけではないので自分の赤ちゃんが突発性発疹にかからなからといって慌てる必要はありませんよ。
突発性湿疹は大人から感染することはありますが、大人に感染することはありませんし、大人になれば突発性湿疹には感染しませんので心配はいりません。
突発性発疹にかかっているときのお風呂に関しては、もちろん最初熱が続いているときはお風呂は避けた方がいいかもしれませんが、首周りなどをタオルで拭いて清潔を保つのもいいですよね。その後熱が引いたら普通にお風呂にいれても大丈夫です。また外出に関しても同じで突発性湿疹時でも普通に外出しても大丈夫です。

突発性湿疹と別の症状

気をつけなければいけないのは、突発性発疹は最初に熱がでて、その後下がった後に現れますが、熱が出ている時点ですぐに突発性湿疹と判断することは難しいと思いますので、発熱が長く続いたり、赤ちゃんがぐったりしていたりなどの症状が続くようであれば別の病気、風邪や脱水なども考えられますので専門家に診察をお願いするのが良策です。子育ては大変ですが、赤ちゃんがすくすくと育ってくれることが一番ですよね。