ご祝儀の渡し方とふくさ

兄弟や友人が結婚する時のご祝儀袋の渡し方、ふくさの使い方などのマナーなど結婚全般に関するマナーなどを紹介していますよ。
友人や、兄弟が結婚することになった場合、もちろん大変おめでたいことですよね。でも、例えば、兄弟や近所の親しい友人が結婚する場合、ご祝儀を受付に持っていった方がいいのか、それとも直接事前に届けた方がいいのかなど、ご祝儀の渡し方や相場などにちょっと悩んだことはありませんか?また、結婚式場の受付での渡し方や金子包みの結び方などいろいろありますよね。では、順を追って説明していきます。
まず、ご祝儀を事前に届けるのはマナーとして好ましくないのかというと、そんなことはありません。近所付き合いをよくしている場合など直接お伺いしてお祝いの言葉を添えて渡したほうが良い場合もありますよね。また、一方で結婚式当日に受付にご祝儀を渡しても自然ですし、失礼には当たりませんよ。兄弟間、親戚間でのご祝儀の渡し方についてはやはり結婚式前に渡したり、直接受付で渡したり、こちらも様々です。それから、直接渡す場合大安などのいい日を選ぶといいでしょうね。
ただ、直接渡す場合も、受付で渡す場合も、ふくさ(ご祝儀袋を包む)を使って渡しましょう。ふくさは、紫色のものだったら、慶弔でも使えるので便利です。また、金子包みの結び方は、あわび結びという上の方に結び目からでるしっぽがある結び方が正しいです。金子包みの書き方としては、ボールペンではなく毛筆でしっかりと書きましょう。

ご祝儀の相場と奇数

ご祝儀の相場としては、やはり様々ではありますが、兄弟が結婚する場合5万円を包んだり、友人や同僚などの場合は3万円だったりと、ただやはりご祝儀は気持ちであるので失礼のない金額であれば大丈夫でしょう。また、結婚式を挙げない場合などは相場の半分ぐらいのご祝儀で結構だと言われています。その場合、何か軽めのプレゼントも添えると喜ばれるかもしれません。よくご祝儀の金額、枚数は奇数がいいと言われていますよね。3,5など。例えば2万円を包むのであれば、1万円と5千円札を2枚などにすれば大丈夫ですね。