速読の目的とトレーニング方法

速読の目的に応じたセミナーや、通信教育、講座情報、速読トレーニングのいろいろな方法など、速読術に関する話題を紹介していますよ。
速読術を習得することによって、例えば、時間の節約などいろいろなメリットがありますよね。また、習得目的としては、例えば、受験などの読解試験において時間を有効に使えるとか、仕事などでの膨大な資料などをスムーズに読めるようなどが挙げられます。速読の方法と聞くと一番最初に頭の中にイメージとして現れるのは、飛ばし読み?だったりしませんか。実は、きちんとした速読をトレーニングすることは個人差や、トレーニングにあてる時間や方法にもよりますが、それほど難しいことではないようです。
速読の方法としてはいくつか種類があるんですが、代表的なものとしてブロック読みと呼ばれている方法があります。私達は、本を読んでいるときはきちんと順を追って読んでいきますよね。そうではなくて、ある程度の段落をブロックとして捉えてすばやく読んでいく、理解していくという方法です。
速読の方法としてまず、目の動きを早くするというとトレーニングがあります。これは、読むスピードをアップさせるのはもちろんですが、目の視野の広さを広げる意味でもあるんです。多くの情報量を把握することができれば、それだけ速読のスピードも上がります。フリーソフトがあったので、私もちょっとトライしてみたんですが、例えばジグザグになっているそれぞれの点を上から下に順に目で追っていったりします。スピードなどレベルも自分でコントロールできましたが、やはり、速読用の目の使い方、トレーニング方法が必要になってきますので結構疲れました。他にも、2,3行の文がある程度の速さで入れ替わりそれを理解していくというフリーソフトもあります。

速読のフリーソフトとセミナー

現在ネットなどで、速読を調べると無料でできるソフトなどがたくさん紹介されています。種類もいくつかあるので楽しく学習できますので、一度速読に興味がある方は試してみるのもいいかもしれません。また、フリーソフトだけではなく、有料ですが速読のセミナー、通信講座などいろいろな方法で速読術が提供されていますよね。とにかく、それぞれ速読術の方法、学習法など種類がいくつかありますので、自分に合ったメソッドで勉強していくのがいいかもしれませんよ。