アイススケートの滑り方と上達のコツ

初めてのアイススケートってちょっぴり怖いですよね。でも、コツを掴めば結構早く上達するものです。アイススケート初心者のための滑り方のコツや、アイススケートショーなどの情報を紹介していますよ。
アイススケート初心者の場合、リンクに入る前に準備していたほうがいいのが、プロテクターですね。ヘルメット、ひざあて、ひじあてをしていた方が、転んだときに安全ですよ。ヘルメットをかぶるのはちょっと恥ずかしいかもしれませんが、全ては安全のためです。転んで、頭を打つ場合もあるので気をつけましょう。ここでは、簡単な滑り方、止まり方の基本、コツを紹介していきます。
まず、リンクでの立ち方について説明しますね。初心者の場合、いきなり何も掴まないで立つのは難しいと思いますので、リンクのへりにつかまって、氷の上でのバランス感覚をつかみましょう。慣れてきたら、少し手を離してみてください。リンクに立っているときは真っ直ぐ立つとゆうよりは、シューズをちょっと外側に向けて氷を蹴るようなフォームにすると安定して立ちやすくなります。だいたい安定してきたなと思ったら、次に少しずつ滑り方を学んでいきましょう。
アイススケートの滑り方としては、やはり氷を斜め下に蹴るようなイメージで少しずつ前に進んでいきましょう。右足で氷を蹴った時、左足は力を抜いて、そして今度は逆に左足で斜め下ぐらいに氷を蹴る。この動作が基本の滑り方になりますので、まずこの動きを体に覚えさせましょう。アイススケート初心者の場合、どうしても重心がかかとにかかりやすいので、できるだけ重心は前にかけることを意識することがコツです。初心者は転ぶのが当たり前なので、怖がらず慣れて行きましょう。また、体を少し低くしてバランスをとるようにすると滑り方もスムーズになります。とにかく、練習ですね。
次に、止まり方のコツです。慣れてくるといろいろな止まり方ができてきますが、ここでは初心者の場合の止まり方を紹介しますね。一つは、足をTの形にして止まる方法です。これは、片方の足を進行方向に向けたまま、もう一方の足を進行方向の足の踵にちょうどTの形でつけて止まる方法です。最初は、あまりスピードを出さずにゆっくりした状態でトライしてみましょう。もうひとつの止まり方は、足を八の字にして、そのまま進行方向に対して横向きにすると、止まります。もちろん、最初は慣れが必要ですのでゆっくりとしたスピードで何回も練習してみてください。

盛んになっているアイススケートショー

現在、アイススケートショーはたくさん行われていますよね。プロの方の演技にたくさんの方が魅せされています。アイススケートショーはアメリカが本場で日本人のスケーターの方も活躍されています。特に冬などはアイスホッケーやショーが盛んになる時期なので一度ご覧に行くのもいいかもしれませんね。プロの滑り方をみるのも大切な上達のコツです。