脇汗を止める治療法と黄ばみの原因

脇汗の量やにおい、多汗症、わきがに悩んでいらっしゃる方に脇汗を止める方法、抑える方法、また服の黄ばみ、においをと止める予防策なども紹介しています。
脇汗に限らず、人は汗をかきます。夏など暑いときや運動をしているときなどは、体の体温をコントロールするために体内の熱を排出しなければいけませんし、また老廃物なども排出されています。しかし、脇汗を他の方より多くかく方、においが気になる方などもいらっしゃると思います。多汗症やわきがと呼ばれていますよね。多汗症の方の場合は、精神的なものが影響して脇汗だけではなく、手のひら、頭などからも多くの汗がでます。わきがの場合、量よりは、むしろにおいの元になる成分が多くでて悩む方が多いと思われます。
わきには、人それぞれ汗腺があるんですが、そのうちのアポクリン汗腺から出る汗には老廃物などが含まれていて、それがわきにある菌により分解されにおいが発生するというのがわきがの原因と言われています。
また、多汗症の場合には、わきが型と精神性の型があって、量とにおいが症状として出る場合、量だけが多い場合など個人によって差があるようです。
においを止める方法としては、自分で脇毛を剃っておくという予防策もあります。これによって、分泌物がわきにとどまるのを予防し菌との分解もある程度止めることができますのでにおいを軽減することができます。ただ、この予防策はアポクリン汗腺とは関係がありませんので汗の量などを止めることにはつながりません。他の脇汗を止める方法としては、ボトックス注射と呼ばれるものもあります。ただこの治療法は、永続的に止めるのではないので、ある一定の期間ごとに治療を受ける必要があります。他には、汗腺除去法というものもあり、これはわきが、多汗症の元である汗腺を取り除く方法です。
どの治療法を選ぶにしても、まずは専門家の方とじっくりした相談、料金の確認、評判などをきちんと調べておくことが大切です。また、精神性の多汗症の方の場合は、カウンセリングを受ける治療が効果的と言われています。
脇汗による服の黄ばみなどが気になる方などは脇にあてるパットなども販売されていますので一度ご覧になってもいいかもしれません。黄ばみの原因もやはり汗の中にある成分です。

脇汗のにおいと運動不足

普段運動などをしていない方などたまに運動した場合など、脇汗が気になる方もいるようですが、これは体内にたまった老廃物などがでるためでもあります。ですので、適度な運動、また食生活にも気を配ることを心がけるといいでしょう。そもそも脇汗のにおいは誰にでもあるものですし、汗は体のバランスを保つために必要なものです。脇汗を完全に止めるというよりにおいを消して抑えることは可能ですので、自分に合った予防策を探していくのがいいですよね。